ルーフエアコン  ペンギン

     ルーフエアコン部品価格表       ブリスクエアー・ルーフエアコン本体     コールマン・ルーフエアコン本体       ホームへ行く

新型のペンギンです。

                                                                     

新型のペンギン本体です。

 

新型ペンギンの天井ユニットです。

ドメティック社のルーフエアコンの中から「 ペンギン」シリーズをご紹介させていただきます。

DOMETIC社のルーフエアコンににはこのページでご紹介する「 ペンギン」シリーズと別ページでご紹介する「 ブリスクエアー」
シリーズ があります。 

ペンギンの特徴は、屋根上ユニットの 高さが低いこと、そして空力の良さです。  車の高さを低く押さえたい場合や走行時の
空気抵抗を極力小さくし、 低燃費を目指したい方々には最適なモデルです。 高さだけでなく、全長も他社製品にくらべて短く
なっております。 コールマンの ポーラーカブより全長が146mmも短く、各種ベント類やアンテナ、あるいはルーフボックスなどで
混み合った屋根でも設置位置の 自由度が大きなモデルです。

また、前後左右に 8まで傾いた姿勢での設置が可能です。 水平な取り付け面が確保できない様々なアプリケーションに対応
可能です。

屋根上ユニットはその冷房能力やタイプによって 5種類存在します。 これらの屋根上ユニットをベースに、天井ユニットやスイッチ類を
組み合わせることにより、ご自分にぴったりの構成を見つけることが出来ます。                  

価格表には「ダクト無し」タイプの天井ユニットとの組み合わせ価格のみを表示させていただきましたが、ダクト式天井ユニットの
取り扱いも行っております。 天井裏にダクトを設け、車内の複数のセクションに冷気を分配するシステムをお考えの場合は
お知らせください。 

ペンギン ルーフエアコン  価格表(税別)

屋根上ユニット
冷房能力
屋根上ユニット
モデル番号
天井ユニットの
タイプ
スイッチの
タイプ
組み合わせ価格(税別)
11000BTU
(2772Kcal)
312CN ダクト無し、熱線なし 天井ユニットに含まれる \353,600.-
ダクト無し、熱線なし アナログ式壁取り付け \358,800.-
ダクト無し、熱線なし デジタル式壁取り付け \413,400.-
ダクト無し、熱線なし デジタル式壁取り付け
+ リモコン
お問い合わせください
 
ダクト無し、熱線あり 天井ユニットに含まれる \384,800.-
ダクト無し、熱線あり アナログ式壁取り付け \397,800.-
ダクト無し、熱線あり デジタル式壁取り付け \447,200.-
ダクト無し、熱線あり デジタル式壁取り付け
+ リモコン
お問い合わせください
 
13500BTU
(3402Kcal)
315CN
(515CN)
ダクト無し、熱線なし 天井ユニットに含まれる \361,400.-
ダクト無し、熱線なし アナログ式壁取り付け \369,200.-
ダクト無し、熱線なし デジタル式壁取り付け \405,600.-
ダクト無し、熱線なし デジタル式壁取り付け
+ リモコン
お問い合わせください
 
ダクト無し、熱線あり 天井ユニットに含まれる \395,200.-
ダクト無し、熱線あり アナログ式壁取り付け \408,200.-
ダクト無し、熱線あり デジタル式壁取り付け \436,800.-
ダクト無し、熱線あり デジタル式壁取り付け
+ リモコン
お問い合わせください
 
ヒートポンプ
冷房
13500BTU
(3402Kcal)
 
321CN
(30515CN)
ダクト無し、熱線なし 天井ユニットに含まれる \535,600.-
ダクト無し、熱線なし デジタル式壁取り付け        \574,600.-
ダクト無し、熱線なし デジタル式壁取り付け
+ リモコン
    お問い合わせください
     
ダクト無し、熱線あり デジタル式壁取り付け       \608,400.-
ダクト無し、熱線あり デジタル式壁取り付け + リモコン     お問い合わせください
 
15000BTU
(3780Kcal)
526CN ダクト無し、熱線なし 天井ユニットに含まれる \410,800.-
ダクト無し、熱線なし アナログ式壁取り付け \416,000.-
ダクト無し、熱線なし デジタル式壁取り付け \473,200.-
ダクト無し、熱線なし デジタル式壁取り付け
+ リモコン
お問い合わせください
 
ダクト無し、熱線あり 天井ユニットに含まれる \444,600.-
ダクト無し、熱線あり アナログ式壁取り付け \455,000.-
ダクト無し、熱線あり デジタル式壁取り付け \452,400.-
ダクト無し、熱線あり デジタル式壁取り付け
+ リモコン
お問い合わせください
 
ヒートポンプ
冷房
15000BTU
(3780Kcal)

暖房
13000BTU
(3276Kcal)
516CN

 

ダクト無し、熱線なし デジタル式壁取り付け \634,400.-
ダクト無し、熱線なし デジタル式壁取り付け
+ リモコン
お問い合わせください
 
ダクト無し、熱線あり デジタル式壁取り付け \668,200.-
ダクト無し、熱線あり デジタル式壁取り付け
+ リモコン
お問い合わせください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーフエアコン部品価格表       ブリスクエアー・ルーフエアコン本体     コールマン・ルーフエアコン本体       ホームへ行く

 

 

ペンギンシリーズの 屋根上ユニットと
天井ユニットの寸法です。
「ブリスクエアー」シリーズ よりは
長いのですが、コールマン との比較
では、まだかなり短めのサイズです。
高さでは、コールマンのポーラーカブ
よりさらに低い設計です。

天井ユニットの厚みを ご認識ください。
天井ユニット周辺部に干渉する物が
無い場合でもキャビネットの扉を開いた
場合などに天井ユニットと干渉してしまう
場合もあります。

 

 

 

 

屋根開口部に対する屋根上ユニットと天井ユニット
位置関係は左図の通りです。

ペンギンシリーズでは後方 だけでなく、左右にも
スペースを確保してください。 亀の甲羅の
下の縁から給排気されるような感じです。

開口部の位置決めは慎重に行ってください。

 

 

 

 

左側の天井ユニットの寸法図はダクト式用です。
ダクト無しの場合は下の図の寸法になります。

 

 

 

 

 

ダクト無し天井ユニットの寸法は 左の図 の通りです。
この図には表示されておりませんが、この天井ユニットの
厚さは63.5mmです。 キャビネットの扉との干渉に
ご注意ください。

 

 

 

 

 

屋根の開口作業の際には構造材の切断は避け てください。
また、強度が十分ではない場合には補強を行ってください。

米国製モーターホームの場合は、一般的に構造材の中心
から中心 までの距離は16インチ(40.6cm)の場合が多い
ようです。 従い まして、構造材の間を開口できれば 屋根の
補強 という点では 楽になります。

開口部寸法362.0mm x 362.0mmの公差は±3.175mmです。
実際の作業におきましてはかなり厳しい値です。また、屋根の
穴 と天井の穴の位置がずれないようにしてください。 慎重に
作業を 行ってください。

電動工具を使用して作業をされる場合は断熱材の存在に
ご注意 ください。摩擦熱によって燃え出す場合があります。

また、作業中にヒビ割れが発生し、一気に広がってしまうことも
想定されます。 先にドリル等で穴を数カ所設けておけば、ヒビ
の進行や方向をコントロール出来ます。 

開口作業を行った後には屋根と天井の間にフレームを入れて
ください。  屋根上ユニットと天井側の金属製テンプレートを
長い3本のボルトで 締め付ける ことになります 。 出来るだけ
頑丈な フレームにしてください。

                                             フレームにはあらかじめ電気配線を通すための穴を開けてくだ
                                            さい。   天井うらに配線を通し、最後はこの穴を通して、開口部
                                            内側に配線を 垂らします。

                                             配線はできるだけ太いものを使用してください。
                                             (購入される電線に表示されているアンペア数は安全上の
                                             規格です。   しかし、このアンペア数で電線を選択 され
                                             ますと電圧降下を 起こしてしまいます)

 

 

屋根上ユニットを開口部の上に移動させる場合は
スライドして移動せずに、持ち上げて移動させて
下さい。 (2名で作業を行ってください)

屋根上ユニットのベースには下向きに鉄板ネジが
貫通しています。 持ち上げるために手を入れる
場合はお気をつけください。

ルーフベントを取り外してペンギンを取り付ける
場合は開口部の大きさはぴったり同じです。
                                                しかし、そのままで強度的に問題がないかどうか、
                                                車体の重心から離れていないか等を考慮してください。
                                                また、開口部にフレーム入れてください。

 


運よく、ルーフベントの位置がルーフエアコンの取り付け位置として
ベストだと判断された場合はルーフベントの取り外しを行ってください。
通常は天井側のフランジの取り外しを先に行うことになると思います。
ファン付のルーフベントの場合は配線の切り口の絶縁処理を確実に
行ってください。

ルーフベントを外した後はもとのコーキング材をきれいに取り除いて
ください。 またネジ穴をシーラントでふさいで雨の侵入を防いで
ください。

開口部周辺部に屋根上ユニット底面のガスケットが当たることに
なります。 天井側からボルトを締めてこのガスケットを圧縮する
ことで、室内への雨の侵入を防ぎます。 従いまして、通常は
ガスケットの外側をコーキングする必要はありません。

 

 

屋根上ユニットと屋根・天井、そして天井ユニットの
位置関係 や取り付けの概要は左の図の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




開口部の上に屋根上ユニットを乗せ、
上を見上げますと、屋根上ユニットの
底面が見えます。

冷気吹き出し口にアッパーダクトを
取り付けます。 折り曲げ部が無い
一辺が車体後方を向くようにして
ください。

 

 

 

        

アッパーダクトとロアーダクトは
点線で切り取ってください。

 

 

 

 

 

 

屋根上ユニットと天井ユニットの間のダクト接続は左図を
参考に行ってください。

天井ユニットの一部であるテンプレートを3本のボルトで
屋根上ユニットに固定してください。

左の図では一人で作業を行っておりますが、実際の作業
におきましては、一人での作業ではイライラしてしまいます。
出来るだけ2名で行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

テンプレートのボルト3本は均等に締めてください。
屋根上ユニットの底面のガスケットの厚みは1/2
の厚さになるまで締めてください。

テンプレート装着後、天井ユニットをスライド
させながら取り付けてください。

 

 熱線(ヒートストリップ)です。 5600BTUの暖房能力があります。
  熱線使用時はファンは回りますが、コンプレッサーが動かないために
  静かです。 しかし、冷房時と同じくらいの電気を消費しますので
  電子レンジ、トースター、炊飯器等の電気を多く消費する機器類との
  同時使用は冷房時と同様にご注意ください。

 

 

 

 

デジタル式の コンフォート・コントロール・センター
(壁スイッチ)です。

冷房だけでなくFFヒーターと熱線もコントロールできます。
アナログにくらべて より細か い温度設定ができます。

12VDCの配線が必要です。
 

 

 

 

 

 アナログ式のサーモスタット(壁スイッチ)です。
  冷房とFFヒーターをコントロール出来るタイプと
 冷房とFFヒーターに加え、熱線もコントロール
 出来るタイプがあります。

 12VDCの配線が必要です。

 

「ジェネシスフィルターシステム」です。
バクテリアの増殖を遅らせるるフィルターを
採用しています。
(価格未定)

 

 

 

 

 リモコンです。
 「冷房・暖房」用と、「冷房・暖房・熱線」用
 の2タイプがあります。

 価格未定

 

 

 

 

屋根上ユニットのカバー上面には
ソーラーパネル装着済みのタイプも
ございます。
(価格未定)

 

 

 

下の図の ように、2台のルーフエアコンと2台のFFヒーターを一つのコンフォートコントロールセンターで
制御できます。 (FFヒーター無しも可能です)

 

ルーフエアコン部品価格表       ブリスクエアー・ルーフエアコン本体     コールマン・ルーフエアコン本体       ホームへ行く