カタリナ300TBS、326RLS、および329TBSのフロアプランです。
ホームへ戻る


カタリナ300TBSのフロアプランです。  ツーベッドルーム(TB)にスライドルーム(S)がつくことを
あらわしています。

全長は約9.2メーターと中間のサイズですがワイドボディーの車体幅2.57メートルに更にスライド
ルームがつきますのでラウンジは広々としています。 また天井の高さも約2.08メートルとこのクラス
最大です。

ドアは中央部に一ヶ所のみです。 バンクベッドやバスルームは299TBと同じ配置がされています。
ドアの右側にはクローゼットとAV機器用キャビネットが配置されています。 このプランは2002年型
にてはじめて採用されました。 

ドアの左手はキッチンです。 カウンタースペースが狭いですね。 カウンタースペースを広げるには
折りたたみ式のカウンターをお使いください(上図では CTR EXTと表示された部分です)。
ホームへ戻る

 


カタリナ326RLSのフロアプランです。 リア(R)にラウンジ(L)を配し、スライドルーム(S)を配置
したモデルです。 

カタリナ「外観」のページで写真を掲載しておりますが是非ご覧下さい。 ラウンジの作りは中からも外
からも素晴らしいものです。

キッチンのカウンターは充分に広く、バス・シャワーはアクリルの半透明のスライド式ドアで仕切られて
いますのでシャワーカーテンの場合よりお掃除が楽です。 また、トイレは独立した個室に設置してあり
ます。

フロントのベッドルームではベッド部分がスライドルームで外へ出ますので、ワードローブにかなり大きな
面積を振り分けることが出来、また、カウンターも設けることが出来ました。

少人数でのご使用には最適なモデルではないでしょうか。
ホームへ戻る
 


カタリナ329TBSのフロアプランです。 ツー・ベッドルーム(TB)にスライドルーム(S)を設けたプランです。

2002年型のカタリナシリーズの中では最大の長さですが、理解に苦しむフロアプランです。

リアのベッドルームには両側にバンクベッドが設けられ4人が就寝することが出来ます。  しかし、ラウンジ
からここに行くにはバスルームを通過しなくてはならず、トイレが開放型なのでトイレ使用中はリアのベッドル
ームへ行くことはできません。

また、スライドルームは他のモデルに比べて小さく、ダイネットのみが収納され、ソファーはフロントのベッドル
ームとの仕切りの壁にくっつけられています。  また、キッチンのカウンターがラウンジの中央に突き出ていま
すので開放感が損なわれています。

*コーチメンではカタリナシリーズ以外のトレーラーも製造いたしております。 特に大型のタイプをお探しの場合
はご相談ください。
                                                     
ホームへ戻る

Copyright (C) Green Light International, Inc.  All Rights Reserved.