スカイライン アルジョー2610の改造例
ホームへ戻る

先日納車いたしましたスカイライン アルジョー 2610の室内を改造しました。

お客様が事務所兼休憩所として使用されたいとのことで、フロントの寝室の仕切りの壁を撤去し、オーバーヘッドキャビ
ネット、ナイトテーブル、そしてソファーを移動し、更に、ツインベッドの片方を撤去しました。

また、リアの片側にはバンクベッドが配置されていましたが、上下とも半分を切断、撤去し、収納用の棚といたしました。

外観です。工事完了が夜になってしまいました。

ドアの左側のポーチライトは
センサーライトに変更しました。 車体の固定にはスタビラーザージャッキではなくコンクリートの平板を使用しました。
キッチンとソファーの間には、
もとツインベッドの間に配置されていたナイトテーブルをもってきました。 ソファーに腰掛けたときに飲み物やテレビのリモコンの置き場所としても便利ですね。
リアのバスルームのドア付近から前を撮影した写真です。 仕切りの壁がないと広いです。 少人数の事務所には充分ですね。 写真左手のダイネットとその上のオーバーヘッドキャビネットはそのままです。

事務作業を本格的に行うにはダイネットは少し不便ですので、取り外して、机と椅子を置くことをおすすめします。
 
一番前のツインベッドの片方はそのまま残しました。

仕切り壁にくっついていた方のベッドは撤去しました。

仕切り壁にくっつきこちらを向いていたソファーは左の壁際へ移動しました。
もとバンクベッドの下の段をもう少し上の方へ移設したら、ちょっとした机か作業台としても使えそうです。




 
右上のオーバーヘッドキャビネットはもともとは仕切り壁のこちら側についていたものです。

ベッドルームの入り口のアコーディオンカーテンは撤去しました。
 
もとバンクベッドの下の段の半分を撤去したあとです。

床はリノリューム張りですので事務用椅子も持ち込めます。 下の段をもう少し上に移設すると机としても利用できますね。








 
左手のキッチンはそのままです。

事務所として使うにしても、従業員の休憩所としてつかうにしても、キッチンがあれば便利ですね。

 
後ろのバンクベッドを切断し、
切り口をきれいに処理しました。


かなりの奥行きがありますので大きな段ボールケースなども収納できます。

壁についている白いボックスはガスFFヒーターのスイッチです。 冷暖兼用のエアコンがついていますのでほとんど必要ありません。

 
ダイネットの後ろの壁と、冷蔵庫を結んだ線はアコーディオンカーテンを引けます。

このアコーディオンカーテンのおかげで来客中も気兼ねなくトイレのドアが開けれますね。(気兼ねせずに出てもこれますね)

とても大事なことですよね。

 

ホームへ戻る